女性の大学進学と将来設計

日本社会の教育システムで育ってきていると、気がついたら高校、大学へと進学し、その勢いに乗って就職活動を行っているという状況になるということはよくあります。そのときに所属している学部や研究室の傾向にしたがって就職先も絞り込み、前例に従ってその準備を行って無事就職を勝ち取るというのが典型的な流れです。こうして仕事に就いてみたものの、あまり仕事に身が入らず、別の仕事をしたいと思うようになることはよくあります。高校生は大学に進学をするのが当たり前のようにして育てられてしまって、そのときの興味で学部や学科を選びがちです。そして、その学科で学んだことに近い領域で就職活動をすることが多いのが実情でしょう。そのため、実際に就きたい職業から大学進学を選んだわけではないという人が多いのです。

しかし、特に女性の場合には転職が難しいこともあって、なかなか仕事を辞めるということにも踏ん切りがつかず、なんとなく仕事を続ける日々を過ごしてしまいがちになります。そうしているうちに生涯を共にしていく男性を見つけられて結婚し、それを適切なタイミングと見て退職して専業主婦となる人が多くなっているのです。予め将来就きたい職業を意識して大学進学を考えるということがこういった状況を解決するのに大切ですが、なかなかそういった視点を持ちにくいのが現状の教育システムであると言えるでしょう。女性は男性に比べたら将来設計についての意識が高いとはいえ、こういった状況になることがやはり多いのです。